<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

薩摩川内市(祁答院~入来~川内)2/3

今回は、藺牟田池の畔の遊歩道から下りたところの蕎麦屋まで。

今朝は、この冬3度目の積雪。
庭・屋根、3cm位積もっています。
昨日の日中ぼたん雪がチラホラ降っていましたが、深夜にこな雪に変わったようです。

藺牟田池の西側の高いところに竜石があります。
a0155463_1083937.jpg
a0155463_1085227.jpg
a0155463_109020.jpg

今にも崩れてきそうな格好、頂に大岩があります。
白い洋風の建物、なんでしょうね。
レストラン?、としたら今では営業していないようです。

カモ
a0155463_1012528.jpg
a0155463_1013081.jpg
a0155463_1013733.jpg
a0155463_10131428.jpg

この池には、毎年たくさんの水鳥がやってきます。
写真を撮りながら仲間を追いかけるので、ちょっと息があがってしまいます。(笑い)
なかなか泳ぎが速いので、ズームで追うのに一苦労。
池を一周した時点で、やっと仲間に追いつきました。

紅梅
a0155463_10225868.jpg
a0155463_1023526.jpg
a0155463_10231379.jpg
a0155463_10232031.jpg
a0155463_1023278.jpg

池の入り口にある東屋で休憩。
持ち寄った珈琲と菓子で一服。
紅梅は、開きはじめで数えるほど。

車で下りた蕎麦屋さんで、5連水車を見つけました。
a0155463_10371726.jpg
a0155463_10372693.jpg
a0155463_10373485.jpg
a0155463_10374137.jpg
a0155463_10374915.jpg
a0155463_10375655.jpg
a0155463_1038571.jpg

小型の水車、ツクリモノですがよく動いています。
蕎麦粉でも挽けそうなんですがね。
直ぐ脇には回転式のソーメン流しのテーブルがずらりと並んでいます。
クレソンが自生するところで、水もきれいです。
冬場のソーメン流し、閑散として春を待っているようです。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-31 07:02 | 北薩路

薩摩川内市(祁答院~入来~川内)1/3

友人3夫婦で、今年はじめての小旅行。
昨年11月ステント手術を終えた友人が藺牟田池を一周したいとのこと。
池の畔の遊歩道、3kmちょっとあります。
かねて団地内を30分程毎日夫婦で歩いていて、自信がついてきたようです。
途中休憩なしで走破、みごとでした。(笑い)

藺牟田池(いむたいけ)は、薩摩川内市祁答院町藺牟田にある火山湖。
国内希少野生動植物種のベッコウトンボの生息地。
国の天然記念物に指定されている泥炭形成植物群落があって、ラムサール条約にも登録されています。

藺牟田池は、カルデラ湖

a0155463_10363395.jpg
a0155463_10364168.jpg

直径約1km、周囲約3.3kmのほぼ円形をした池。
野鳥たちの天国で、白鳥やカモなど多種多様の鳥が渡ってきます。
鳥インフルエンザが気がかりなので、ズームで撮っています。(笑)

池の氷
a0155463_10453153.jpg
a0155463_10453937.jpg

岸の近く、氷がみられます。
水面は、海抜295m。

池の畔
a0155463_10533568.jpg
a0155463_10535080.jpg
a0155463_10535719.jpg
a0155463_1054566.jpg
a0155463_10541363.jpg

堆積物の多い池で、遠浅。
最も深い所で約3.5mほど。
夏場は水位が下がります。
水面から立ち上がってる木もあります。
昨年夏は池が干上がってしまい、ベッコウトンボの生息が危惧されましたが大丈夫だったようです。
周囲を、飯盛山・舟見岳・愛宕嶽・山王岳・片城山5つの低い山に囲まれた池です。

泥炭形成植物群落
a0155463_11957.jpg
a0155463_1191253.jpg
a0155463_1191979.jpg
a0155463_1192656.jpg
a0155463_1193390.jpg

池の西側と北側の湖岸一帯に低層湿原があって、ジャヤナギやヨシ、マコモ、アンペライなどイネ科やカヤツリ科の植物が群生。
これらの植物が枯れて堆積、炭化して泥炭を形成します。

竹林と梅
a0155463_1137203.jpg
a0155463_11372824.jpg
a0155463_11373520.jpg
a0155463_11374658.jpg
a0155463_11375771.jpg

梅の花が、ほころび始めました。
北薩は、梅の産地。
梅の香の季節も、もう直ぐです。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-30 09:10 | 北薩路

小原町の花々2/2

今回は、仏の座、枇杷、茶、小海老草、バーシーカラー、黄水仙、烏瓜の7つ。

霧島連山の新燃岳(1421m)が断続的な噴火を続けています。
新燃岳は霧島連山の中央部にあって、鹿児島・宮崎の県境のところにあります。
となりの中岳と続いていて、ツツジのミヤマキリシマの咲く山です。
上空の風が北西から西に変わって、宮崎市の方へ噴煙が流れているようです。
宮崎空港も全便欠航とか。
今年は野菜相場も寒波で品薄・高騰となっていますが、更に品薄になりそうです。

仏の座
シソ科 オドリコソウ属
ヨーロッパ原産
a0155463_1644971.jpg

別名が、サンガイグサ(三階草) 。

枇杷
バラ科 ビワ属
中国、日本原産
a0155463_16473976.jpg
a0155463_16474691.jpg
a0155463_16475386.jpg
a0155463_164809.jpg

花も僅かに残っていますが、実が顔を出してきました。


ツバキ科 ツバキ属
中国南西部、日本、台湾原産
a0155463_16584849.jpg
a0155463_16585533.jpg
a0155463_1659196.jpg
a0155463_1659861.jpg
a0155463_16591531.jpg

秋から冬にかけて白い花を咲かせます。
今、まん丸の実もつけています。

小海老草
キツネノマゴ科 ジャスティシア属(コエビソウ属)
メキシコ原産
a0155463_173278.jpg

別名が、ベロペロネ。

バーシーカラー
カタバミ科 カタバミ属
南アフリカ、中南米原産
a0155463_17101665.jpg
a0155463_17102240.jpg
a0155463_17102987.jpg

ねじれた花びらの縁の赤い模様が素敵です。

黄水仙
ヒガンバナ科 スイセン属
南ヨーロッパ原産
a0155463_1713452.jpg

日本水仙と花の形は同じ、黄花。
香りの強い花です。

烏瓜
ウリ科 カラスウリ属
日本、中国、台湾原産
a0155463_17182964.jpg
a0155463_17183963.jpg

真っ赤な烏瓜が多いですが、これは黄烏瓜。
天辺は6mほど、ずいぶん高いところまで蔓を伸ばしています。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-29 08:00 | 小原町

小原町の花々1/2

今回は、晩柑、オキザリス、ハコベ、ツワブキ、日本水仙の5つと、町で出合った妙なもの。

こちらも毎日最高気温10度が続いています。
毎日が寒波、週末は更に寒くなりそうです。

晩柑
ミカン科 ミカン属
a0155463_18374252.jpg
a0155463_18375023.jpg
a0155463_18375628.jpg
a0155463_1838492.jpg

八朔のような感じですが、食べてないと分かりません。(笑い)

オキザリス
カタバミ科 カタバミ属
南アフリカ、南アメリカ原産
a0155463_18411192.jpg
a0155463_1841186.jpg

バリアビリス・ホワイト。

ハコベ
ナデシコ科 ハコベ属
全国に分布
a0155463_18462416.jpg
a0155463_18463268.jpg

春の七草の一つ。
別名が、コハコベ、ハコベラ。

ツワブキ
キク科 ツワブキ属
日本、中国、台湾原産
a0155463_18533770.jpg
a0155463_18534625.jpg

まん丸の種ができて枯れてしまったツワブキが多いですが、まだ残っています。
日本庭園によく似合う花。

日本水仙
ヒガンバナ科 スイセン属
地中海沿岸原産
a0155463_1858105.jpg
a0155463_18581734.jpg
a0155463_1858247.jpg
a0155463_18583170.jpg

なかなか香りのいい花です。
この花も、日本庭園向き。

町で見かけた妙なもの
a0155463_1901079.jpg
a0155463_1901924.jpg
a0155463_1902839.jpg

プロパンガスボンベの郵便受け。
いかにも頑丈そうです。
裏に回り込んでみましたが、ちゃんと鍵がかかるように作ってあります。
郵便屋さんも、さぞ愉快かな。
蔦に巻かれた門柱の置物。
一寸、葉っぱをむいてあげたい衝動でしたが、我慢我慢。(笑い)

昨日の新燃岳の噴煙 ↓

More 新燃岳(霧島)の噴煙
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-28 07:08 | 小原町

真砂本町の花々6/6

今回は、バコパ、椿、匂い椿、日本水仙、極楽鳥花、ネメシア、雛菊の7つ。

昨日は、いろんな出来事がありました。
1つ目は、出水市高尾野町の採卵鶏農場で鳥インフルエンザの発生。
2つ目は、新燃岳の噴火。
出水市は養鶏が盛んな地区です。
渡り鳥の鶴飛来地で、昨年末ナベヅルの屍骸から鳥インフルエンザが確認されていました。
防疫には地元も神経を尖らせていらしたようですが、残念ながら養鶏農家への被害が発生。
一昨日の夜から、市職員・県職員、徹夜で対応に追われているようです。
霧島山麓の新燃岳の噴火は、昨日の夕方。
久しぶりの噴火で噴煙の高さ1500mだったようです。
北よりの風に鹿児島空港(霧島市溝辺町)や櫻島の東側の鹿屋市輝北町方面に噴煙が流れていたようです。
曇り日の夕刻だったので、写真はありません。

バコパ
ゴマノハグサ科 ステラ属
アフリカ、カナリア諸島原産
a0155463_19143061.jpg
a0155463_19143761.jpg
a0155463_19144565.jpg


椿
ツバキ科 ツバキ属
日本原産
a0155463_19165041.jpg
a0155463_19165893.jpg
a0155463_191769.jpg


匂い椿
ツバキ科 ツバキ属
日本原産
a0155463_19204239.jpg
a0155463_19205182.jpg

今年も蕾が膨らんできました。
仄かな、いい香りの椿です。
花が開くまでは、香りはお預け。

日本水仙
ヒガンバナ科 スイセン属
地中海沿岸原産
a0155463_19251141.jpg

香りがいいですね。

極楽鳥花
バショウ科 ゴクラクチョウカ属
南アフリカ原産
a0155463_2029430.jpg
a0155463_20291049.jpg


ネメシア
ゴマノハグサ科 ネメシア属
南アフリカ原産
a0155463_20305487.jpg
a0155463_20310100.jpg
a0155463_2031723.jpg

花色は、赤、白、ピンク、橙、黄など。

雛菊
キク科 ヒナギク属
西ヨーロッパ原産
a0155463_20351460.jpg
a0155463_20352221.jpg

日当たりがいいと開き、曇りの日や夜は閉じる。
なかなか気難しい花でもあります。
イタリアの国花、デイジー。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-27 07:19 | 真砂本町

真砂本町の花々5/6

今回は、万両、寒木瓜、ヒイラギ南天、黄実南天、プリムラ・ポリアンサ、プリムラ・マラコイデス、緑の舞の7つ。

今朝の最低気温は氷点下1度、こちらでは滅多にない気温。
今年は例年になくブーゲンビリアも葉っぱを落としています。

万両
ヤブコウジ科 ヤブコウジ属
日本、中国、朝鮮、インド原産
a0155463_1963124.jpg
a0155463_1963755.jpg


寒木瓜
バラ科 ボケ属
中国原産
a0155463_1981321.jpg

紅花です。

ヒイラギ南天
メギ科 ヒイラギナンテン属
ヒマラヤ、中国、台湾原産
a0155463_1911455.jpg
a0155463_19111257.jpg
a0155463_19111992.jpg

葉っぱがトゲトゲ。
黄色の花が房なりです。
花後、ブドウ色の実をつけます。

黄(実)南天
メギ科 ナンテン属
日本、中国原産
a0155463_1915268.jpg
a0155463_1915963.jpg

真っ赤な実の南天が多いですが、この実は黄。
南天の葉っぱは少し赤みがさしますが、黄南天は葉っぱのまわりが少し黄味を帯びています。

プリムラ・ポリアンサ
サクラソウ科 サクラソウ属
園芸品種
a0155463_19174635.jpg
a0155463_19175238.jpg
a0155463_19175911.jpg
a0155463_191863.jpg

別名が、ポリアンサス、ポリアンタ、クリンザクラ。

プリムラ・マラコイデス
サクラソウ科 サクラソウ属
中国原産
a0155463_19203131.jpg
a0155463_19203941.jpg

別名が、オトメザクラ(乙女桜)、西洋サクラソウ。

緑の舞
カタバミ科 カタバミ属
南米(ブラジル)原産
a0155463_19225270.jpg
a0155463_1922592.jpg

南国育ちですが、寒にも強いようです。
オキザリス・レグネリー'トリアングラリス'、紫の舞、銀の舞もありますね。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-26 07:12 | 真砂本町

真砂本町の花々4/6

今回は、沈丁花、花キリン、蝋梅の3つ。

結露が気になる頃になりました。
先日友人夫婦からネットで調べてくれないかとのこと。
調べてみると、二重サッシ、結露の吸い取り紙、洗剤でのコーティングといろいろあるようです。
とりあえず回答はすませましたが、はて、なかなか難しい。
結論は、春を待つしかなさそうです。

沈丁花
ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
中国原産
a0155463_19255961.jpg
a0155463_1926820.jpg

香りのいい花、まだ花芽。

花キリン
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
マダガスカル原産
a0155463_19284395.jpg
a0155463_19285058.jpg
a0155463_19285517.jpg

葉っぱが寒にやられて息絶え絶え。
花と鋭い棘は、元気です。

蝋梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国原産
a0155463_19321968.jpg
a0155463_19322967.jpg
a0155463_19323794.jpg
a0155463_19324461.jpg
a0155463_1932519.jpg
a0155463_1933020.jpg
a0155463_1933784.jpg
a0155463_19331497.jpg
a0155463_19332170.jpg
a0155463_19332890.jpg
a0155463_19333481.jpg
a0155463_19334188.jpg

とてもいい香り、ウットリするような香りです。
別名が、カラウメ(唐梅)、ナンキンウメ(南京梅)。
英名が、ウインター・スウィート。
毎年、楽しみな花です。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-25 07:20 | 真砂本町

真砂本町の花々3/6

今回は、河原撫子、イベリス、キルタンサス、ハナキリン、苺、日本水仙、椿の7つ。

庭のキヌサヤ、実エンドウ、ブロッコリーの成長が遅いようです。
先日の雪や寒波のせいかな。

河原撫子
ナデシコ科 ダイアンサス属
日本原産
a0155463_758013.jpg
a0155463_758833.jpg

花色は、ピンクと白。
白花の方は、シラサギナデシコとも呼ばれます。

イベリス
アブラナ科 イベリス属
地中海沿岸原産
a0155463_821840.jpg
a0155463_822427.jpg
a0155463_823127.jpg

別名が、トキワナズナ、イベリス・センペルヴィレンス。

キルタンサス
ヒガンバナ科 キルタンサス属
南アフリカ原産
a0155463_845883.jpg
a0155463_8549.jpg

花色は、赤、ピンク、オレンジ、黄、白。

ハナキリン
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
マダガスカル原産
a0155463_894091.jpg
a0155463_89489.jpg
a0155463_895558.jpg

花(苞)色は、ピンク、赤、橙色、白、黄。
2枚の苞の間の小さな点が花。


バラ科 オランダイチゴ属
アメリカ大陸原産
a0155463_8151237.jpg
a0155463_8152055.jpg

花の時から、苺の形。

日本水仙
ヒガンバナ科 スイセン属
地中海沿岸原産
a0155463_8195291.jpg
a0155463_820098.jpg

別名が、雪中花。
香りがいいですね。

椿
ツバキ科 ツバキ属
日本原産
a0155463_823382.jpg
a0155463_8231036.jpg

次々に花をつけます。
小鳥が盛んに蜜を吸いにくるので、花びらは引っかき傷だらけ。
無傷の花は、僅かです。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-24 07:25 | 真砂本町

真砂本町の花々2/6

今回は、カランコエ、ロウバイ、バコパ、寒木瓜の4つ。

一昨日の報道、宮崎の種鶏場で鳥インフルエンザ感染が確認されたようです。
昨年の牛・豚の口蹄疫発症に続いての発生、畜産農家の皆さんの心の痛い日々が続いているようです。
このところ天気続きで空気も乾燥、人のインフルエンザ感染も多くなっているようです。

カランコエ
ベンケイソウ科 リュウキュウペンケイ属
マダガスカル島から南アフリカ原産
a0155463_8454369.jpg
a0155463_8455098.jpg

花色は、赤、ピンク、黄、白、橙、紫など。
カラフルです。

ロウバイ
ロウバイ科 ロウバイ属
中国原産
a0155463_8493798.jpg
a0155463_8494414.jpg
a0155463_8495060.jpg
a0155463_8495775.jpg
a0155463_85044.jpg
a0155463_8501164.jpg
a0155463_8501845.jpg

別名が、トウバイ(唐梅),カラウメ(唐梅)。
蝋細工のような花、青空をバックに入れると花が際立ちます。
曇り空の下では、光量不足ぎみに写ります。
芳醇な香りの花です。

バコパ
ゴマノハグサ科 ステラ属
アフリカ、カナリア諸島原産
a0155463_8564553.jpg
a0155463_8565284.jpg
a0155463_857025.jpg

花色は、ピンク、白、薄い青色。
別名が、ステラ。

寒木瓜
バラ科 ボケ属
中国原産
a0155463_90744.jpg
a0155463_901561.jpg
a0155463_902392.jpg

遠目に梅の花かと期待しましたが、木瓜でした。
まだ、梅は見つかりません。(笑い)
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-23 07:30 | 真砂本町

真砂本町の花々1/6

今回は、御柳梅、ジャノメエリカ、ブルーサルビア、芝桜、クロウエア・エクサラタの6つ。

西高東低の冬型の気圧配置が続いています。
南も連日寒くて、例年より2~3度低い気温です。
今日も真砂本町を散歩しましたが、ブーゲンビリアの葉っぱが枯れたようになっています。
南方系の花々には、厳しい冬のようです。

御柳梅
フトモモ科 ネズモドキ属
ニュージーランド、オーストラリアのタスマニア原産
a0155463_18234160.jpg
a0155463_1823471.jpg
a0155463_18235499.jpg
a0155463_1824181.jpg

タスマニアは、オーストラリア大陸の南の島。
南半球なので、南の方が涼しい地方です。

ジャノメエリカ
ツツジ科 エリカ属
南アフリカ原産
a0155463_1828295.jpg
a0155463_1828125.jpg
a0155463_18282291.jpg

真ん中に黒い目玉のような模様あることから、この名が。

ブルーサルビア
シソ科 サルビア属
ブラジル、アメリカ、メキシコ原産
a0155463_18313263.jpg
a0155463_18313939.jpg
a0155463_18314621.jpg

なかなかきれいな色ですね。

芝桜
ハナシノブ科 フロックス属
北アメリカ東部原産
a0155463_1834962.jpg
a0155463_18341745.jpg
a0155463_18342569.jpg
a0155463_18343238.jpg

あまりお見せできる状態ではありませんが、この時期貴重な花。

クロウエア・エクサラタ
ミカン科 クロウエア属
オーストラリア原産
a0155463_1838857.jpg
a0155463_1838158.jpg
a0155463_1838225.jpg

ほぼ四季咲き。
別名が、サザンクロス、クロウエア。
サザンクロス、花びらは5枚なんですがね。
[PR]
by hana_dan5 | 2011-01-22 07:07 | 真砂本町