<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小原町の花々3/4です

今日の花は、蒲公英、緋合歓、イキシア、ハテナ花、アヤメ、コスモス、藤の7つ。
えびの高原では、霧島の春を彩るノカイドウの花が見られる頃。
今年は、お隣の宮崎県で口蹄疫が発生しているので出かけることができません。

昨年4月30日にアップした写真がありますので、よろしかったらご覧ください。
http://hanadankai.exblog.jp/11437555/
ノカイドウ(野海棠)、バラ科 りんごの仲間。
咲き始めはピンクで、咲ききると真っ白に変わります。
キリシマミズキ(霧島水木)、マンサク科も同じ日にアップしています。

蒲公英
西洋タンポポ
キク科 タンポポ属
a0155463_1833376.jpg
a0155463_18334857.jpg
a0155463_18335654.jpg

黄色の花もきれいですが、まん丸な綿毛もいいですね。

緋合歓
マメ科 カリアンドラ属
熱帯性常緑低木で、メキシコ原産
a0155463_1838698.jpg
a0155463_18381428.jpg

ヒネムと呼んだり、ヒゴウカンと呼んだり。
別名が、ベニゴウカン(紅合歓)、カリアンドラ・エリオフィラ。

イキシア
アヤメ科 イキシア属(ヤリズイセン属)
南アフリカ原産
別名が、ヤリズイセン
a0155463_18414160.jpg
a0155463_18414876.jpg
a0155463_18415554.jpg

花色は、白、黄、赤、ピンク、うす紫など。
丈夫な花です。

ハテナ花
a0155463_18445156.jpg
a0155463_18445927.jpg

アヤメ科のグラジオラスの仲間のようですが、不明。
花丈1.5m程。
ピンクのきれいな花です。

〈追 伸〉
ヒオウギズイセン(檜扇水仙)
アヤメ科 ワトソニア属
別名が、 ワトソニア・ピラミダタ

オレンジ色の花は、ヒメヒオウギズイセンです。
こちらもヒオウギズイセンと書かれている図鑑があります。
ちょっと分かりにくいですね。

アヤメ
アヤメ科 アヤメ属
a0155463_1924557.jpg
a0155463_1925343.jpg
a0155463_193090.jpg
a0155463_193768.jpg

上の2枚は日向、下の2枚は日陰、発色が異なりますが同じ花です。

コスモス
キク科 コスモス属
a0155463_1954558.jpg

昨年の零れ種でしょうか。
元気に花をつけています。


マメ科 フジ属
a0155463_1983574.jpg
a0155463_1984164.jpg
a0155463_1984981.jpg
a0155463_1985620.jpg

藤の花期も、そろそろ終わりに近づきました。
昨年出かけた和気神社の「藤祭り」、見事でした。
昨年5月2日にアップしてあります。
http://hanadankai.exblog.jp/11448405/
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-30 19:19 | 小原町

小原町の花々2/4です

今日の花は、スパラキシス、デンドロビウム、シャリンバイ、山吹、イキシアの5つ。
昨夜は一時激しい雨でしたが、今日は晴れ渡りました。
庭のトマト・ミニトマト・胡瓜の苗も、ぐんぐん成長しているようです。

スパラキシス
アヤメ科 スパラキシス属
南アフリカ地方原産
別名が、スイセンアヤメ(水仙文目)
a0155463_10491352.jpg
a0155463_10492092.jpg

カラフルな花びらが多い中で、この白花も。

デンドロビウム
ラン科 セッコク属
熱帯アジア原産
a0155463_10545185.jpg
a0155463_10545741.jpg

小さな花ですがラン科、華麗な花です。

シャリンバイ
バラ科 シャリンバイ属
日本・朝鮮半島原産
a0155463_10581534.jpg
a0155463_10582381.jpg

別名が、ハナモッコク(花木斛)。
秋に濃い紫から黒の真ん丸い実をつけます。

山吹
バラ科 ヤマブキ属
日本原産
a0155463_113091.jpg
a0155463_113775.jpg

英名が、イエロー・ローズ(黄色いバラ)、ジャパン・ローズ(日本のバラ)

イキシア
アヤメ科 イキシア属(ヤリズイセン属)
南アフリカ原産
別名が、ヤリズイセン
a0155463_1162757.jpg
a0155463_1163422.jpg
a0155463_1164097.jpg
a0155463_1164978.jpg
a0155463_1165787.jpg
a0155463_117564.jpg
a0155463_1171482.jpg
a0155463_1172083.jpg
a0155463_1172760.jpg
a0155463_1173316.jpg

花色は、白、黄、赤、ピンク、うす紫など様々。
丈夫な花で、切花によく使われます。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-29 11:10 | 小原町

小原町の花々1/4です

今日の花は、マツバウンラン、藤、ノゲシの綿毛、西洋十二単、大手毬、ロベリアの6つ。
お昼休みに真砂本町を歩いてきましたが、睡蓮木が一輪花をつけていました。
写真は、また後日。
今日から4回、小原町です。

マツバウンラン
ゴマノハグサ科 ウンラン属
アメリカ原産の帰化植物
a0155463_18454426.jpg
a0155463_18455079.jpg
a0155463_18455725.jpg

夕刻だったので、ちょっと光不足。
少しの風にもユラユラ揺れて、少しブレてしまいました。


マメ科 フジ属
a0155463_18504016.jpg
a0155463_185049100.jpg

早めに咲き始めた藤は、すでに花期の終わったものもあります。

ノゲシの綿毛
キク科 ノゲシ属
別名が、ハルノノゲシ、ケシアザミ
a0155463_18532225.jpg
a0155463_1853303.jpg

蕾と綿毛がいつしょに見られます。

西洋十二単
シソ科 キランソウ属
ヨーロッパ原産の園芸品種
a0155463_18581795.jpg
a0155463_18582434.jpg
a0155463_18583012.jpg

別名が、ツルジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ、アジュガ、ヨウシュジュウニヒトエ。
手入れがいいのか、花が幾重にもついています。

大手毬
スイカズラ科 ガマズミ属
a0155463_1922498.jpg
a0155463_1923223.jpg
a0155463_1923822.jpg

別名が、手鞠花(てまりばな)。
紫陽花を白くしたような花。

ロベリア
キキョウ科 ロベリア属(ミゾカクシ属)
南アフリカ原産のロベリア・エリヌス
a0155463_1955515.jpg
a0155463_196173.jpg
a0155463_196812.jpg
a0155463_1961456.jpg
a0155463_1962130.jpg
a0155463_1962881.jpg
a0155463_1963523.jpg

和名が、ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)、ルリチョウチョウ(瑠璃蝶々)。
花色は、青、薄紫、白、ピンク、赤など。
不揃いの5弁がかわいいですね。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-28 19:14 | 小原町

真砂本町の花々2/3です

今日の花は、花水木、ハーデンベルギア、姫緋扇、ノウゼンハレン、山法師の5つ。
昨夜から今朝まで降り続いた雨も午前10時前には晴れたのですが、北風に乗って黄砂がやってきました。
櫻島の降灰だけでうんぞりなのですがね。

花水木
ミズキ科 ミズキ属
北アメリカ原産
白花
a0155463_1839441.jpg
a0155463_18395177.jpg
a0155463_18395939.jpg
a0155463_1840549.jpg
a0155463_18401329.jpg
a0155463_18402254.jpg
a0155463_18403020.jpg
a0155463_1840375.jpg
a0155463_1840434.jpg
a0155463_18405338.jpg


ビンクの花
a0155463_18424629.jpg
a0155463_18425418.jpg
a0155463_1843194.jpg
a0155463_1843813.jpg
a0155463_18431531.jpg

別名が、アメリカ山法師(やまぼうし)。

ハーデンベルギア
マメ科 ハーデンベルギア属
オーストラリアとタスマニア島原産
a0155463_18472184.jpg
a0155463_18472857.jpg
a0155463_18473655.jpg

別名が、ヒトツバマメ、コマチフジ。
ほんと小さな花。
花色は紫が多いですが、ピンクと白もあります。

姫緋扇
アヤメ科 ラペイルージア属(アノマテカ属)
南アフリカ原産
a0155463_1854316.jpg
a0155463_18541168.jpg

別名が、姫緋扇菖蒲(ひめひおうぎあやめ)、アノマテカ。
白花もあります。

ノウゼンハレン
ノウゼンハレン科、キンレンカ属(トロパエオルム属)
南米原産
a0155463_18593220.jpg
a0155463_18593974.jpg

別名が、ナスタチウム(ナスタチューム)、キンレンカ(金蓮花)。
花がノウゼンカズラに、葉が蓮に似ているためこの名が。

山法師
ミズキ科 ミズキ属
花水木と同属
a0155463_1971169.jpg
a0155463_1972144.jpg

北海道と沖縄を除くと、各地で見られます。
真っ赤な実、きれいですね。
別名が山桑(やまぐわ)、ちなみに桑の別名も山桑とか。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-27 19:12 | 真砂本町

真砂本町の花々1/3です

今日の花は、ロベリア、センテッドゼラニウム、デンドロビューム、クレマチス、ムラサキカッコウアザミ、姫空木、難波薔薇、枇杷、ブルーデージー、アマドコロの10。

ロベリア
キキョウ科 ロベリア属
南アフリカ原産
a0155463_18265964.jpg
a0155463_1827520.jpg
a0155463_18271133.jpg
a0155463_18271853.jpg
a0155463_18272645.jpg

ロベリア ・エリヌス
別名が、ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)、ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠し)。
花色は、濃青紫・赤紫・紫・桃・白、多種。

センテッドゼラニウム
フウロソウ科 ペラルゴニウム属
a0155463_19113046.jpg
a0155463_19113665.jpg

バラの香り。
においゼラニウムとも呼ばれます。

デンドロビューム
ラン科 セッコク属
a0155463_1915337.jpg
a0155463_19151095.jpg

最も育てやすい洋ランとか。
木の幹にミズゴケに巻いて育ててる方もいらっしゃるようです。

クレマチス
キンポウゲ科 センニンソウ属
a0155463_19413711.jpg
a0155463_19414370.jpg
a0155463_19415068.jpg

開花期を迎えています。
あちらこちらで見かけます。

ムラサキカッコウアザミ
キク科 カッコウアザミ属
南米原産の帰化植物
a0155463_1944569.jpg
a0155463_19441359.jpg

カッコウアザミは、ムラサキカッコウアザミよりちょっと小ぶり。
オオカッコウアザミは、アゲラタム。

姫空木
ユキノシタ科 ウツギ属
日本原産
a0155463_19513849.jpg
a0155463_19514562.jpg
a0155463_19515213.jpg

名前のとおりコンパクトな空木。
真っ白のきれいな花です。

難波薔薇(なにわいばら)
バラ科 バラ属
中国・台湾原産
a0155463_19554636.jpg

別名が、ロサレビガ-タ。
一重の原種の薔薇です。

枇杷
バラ科 ビワ属
a0155463_2021712.jpg

実がだいぶ成長してきました。
今、枇杷の種と同じくらいです。

ブルーデージー
キク科 フェリシア属
a0155463_2053844.jpg
a0155463_2054567.jpg
a0155463_2055142.jpg

和名が、ルリヒナギク。
斑入りの葉っぱもあります。

甘野老 (アマドコロ)
ユリ科 アマドコロ属
a0155463_20111029.jpg
a0155463_20111733.jpg

ヤマイモ科とも、スズラン科とも。
可憐な花をつけます。

More 昨日、肝付町内之浦まで出かけてきました
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-26 20:48 | 真砂本町

錦江湾公園の花々3/3です

今日の花は、ミドリハコベ、キランソウ、ハルジオン、紫木蓮、カラスノエンドウ、ベニカナメモチ、ツツジの7つ。
遊歩道の東の外れから、引き返してきました。
東の外れまで歩いたのは、今回はじめて。
未整備のところが、ありました。
雑木林を拓いたばかりで、自然が残っているようです。

ミドリハコベ
ナデシコ科 ハコベ属
a0155463_22173118.jpg
a0155463_22174119.jpg

ミドリハコベとコハコベをあわせてハコベと呼ぶようです。
花の形は見分けがつきませんが、コハコベは茎の色が紫がかっているので分かります。
ミドリハコベとコハコベの雌蕊の先は 3 つに分かれていますが、ウシハコベは5つに分かれています。

キランソウ(金瘡小草、金襴草)
シソ科 キランソウ属
別名が、地獄の釜の蓋(じごくのかまのふた)
a0155463_2392079.jpg
a0155463_2392950.jpg
a0155463_2393671.jpg
a0155463_2394589.jpg
a0155463_2395356.jpg

地べたを這うように伸びるので、この名が付いたとか。
花の形は、西洋十二単と同じなんですがね。

ハルジオン(春紫苑)
キク科 ムカシヨモギ属
北アメリカ原産の帰化植物
a0155463_23225960.jpg
a0155463_2323568.jpg
a0155463_23231391.jpg

別名が、春女苑 (はるじょおん)。
ヒメジョオンとハルジオンは、花がよく似ていますが、ヒメジョオンの蕾が上向きでハルジオンの蕾は下向きとか。
なかなか見分けがつきません。

紫木蓮
モクレン科 モクレン属
別名が、マグノリア、モクレンゲ(木蓮)
a0155463_23321584.jpg

花期も終わりに近づき、僅かになってきました。

カラスノエンドウ(烏野豌豆)
マメ科 ソラマメ属
別名が、ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)
北アメリカ原産
a0155463_23374547.jpg
a0155463_23375181.jpg

葉っぱは、8~16枚。
若葉と花の部分や若鞘は、天ぷらにすると美味いそうです。

ベニカナメモチ(紅要黐)
a0155463_2349894.jpg

バラ科 カナメモチ属
a0155463_23504481.jpg
a0155463_23505281.jpg

生垣によく用いられてる葉っぱの大きいのは、園芸品種のレッドロビンのようです。

ツツジ
ツツジ科 ツツジ属
a0155463_033364.jpg
a0155463_033994.jpg
a0155463_034748.jpg

錦江湾公園の麓にある駐車場のツツジ。
桜はすっかり葉桜です。
小花のツツジは花期が終わって、残っているのは大花のツツジだけになってきました。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-25 00:09 | 錦江湾公園

錦江湾公園の花々2/3です

今日の花は、シラン、ハクサンボク、タツナミソウ、ヤマアジサイ、マルバウツギ、ウマノアシガタ、オオイヌノフグリの7つ。
薔薇園の東側の遊歩道を、さらに東にすすんでいます。

シラン(紫蘭)
ラン科 シラン属
日本、中国、台湾原産
a0155463_816128.jpg
a0155463_816974.jpg

株で増えるので、何時の間にやら大きな集落に成長します。

ハクサンボク(白山木)
スイカズラ科 ガマズミ属
ビバーナム ジャポニカム、日本原産?
a0155463_824826.jpg
a0155463_8241784.jpg

葉っぱがツヤツヤです。
秋にちいさな赤い実をつけます。
花の香りは、あまりいただけません。

タツナミソウ(立浪草)
シソ科 タツナミソウ属
a0155463_830372.jpg
a0155463_8301075.jpg
a0155463_8301715.jpg
a0155463_8302523.jpg

青または紫色の小花、岡立浪草はうす紫。

ヤマアジサイ
ユキノシタ科 アジサイ属
別名が、サワアジサイ
a0155463_8382378.jpg
a0155463_8383073.jpg
a0155463_8383674.jpg

葉には光沢がありません。

マルバウツギ(丸葉空木)
ユキノシタ科 ウツギ属
a0155463_8511792.jpg

日当たりのいい傾斜地でく見かける低木。
花径1cm位の集合花。

ウマノアシガタ(馬の脚形)
キンポウゲ科 キンポウゲ属
a0155463_8561845.jpg
a0155463_8562597.jpg
a0155463_8563264.jpg
a0155463_8563860.jpg
a0155463_8564516.jpg
a0155463_8565268.jpg

花は強い光沢があり、写真ではハレーションを起こしやすい花。
春の野でひときわ輝いています。

オオイヌノフグリ
ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
ヨーロッパ原産の帰化植物
a0155463_944372.jpg
a0155463_94503.jpg

コバルトブルーの可憐な花です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-24 09:06 | 錦江湾公園

錦江湾公園の花々1/3です

今日の花は、モッコウバラ、イペー、薔薇(かぐや姫)、藤、ホウノキ、デンターラベンダー、オーシャンウエイブの7つ。
先日錦江湾公園に出かけてみましたが、お目当ての薔薇はまだでした。
きれいに剪定されて、広い敷地内で花を捜すのが一苦労。
というか、ほぼ無し。
遊歩道を歩いてきました。

モッコウバラ
バラ科 バラ属
中国原産の棘のない薔薇
a0155463_18362834.jpg
a0155463_18363425.jpg

黄色の八重の房咲きで一季咲き、春だけ花をつけます。

イペー
ノウゼンカズラ科 タベブィア属
別名が、イペーアマレロ、イッペー、コガネノウゼン(黄金凌霄)、キバナノウゼン(黄花凌霄)
a0155463_18404624.jpg
a0155463_18405360.jpg
a0155463_1841095.jpg

花も、そろそろ終わりです。

薔薇(かぐや姫)
a0155463_18425820.jpg

a0155463_18432162.jpg

薔薇の香り、少し楽しめました。


マメ科 フジ属
a0155463_18472871.jpg
a0155463_18473431.jpg
a0155463_18474138.jpg
a0155463_18474839.jpg
a0155463_18475480.jpg
a0155463_1848131.jpg

株がだいぶ切り詰めてあり、高さが1m位。
蔓が太いので、花は大きかったです。

ホウノキ(朴の木)
モクレン科 モクレン属
別名が、ホオガシワ
a0155463_18554174.jpg

昨年は花期に出会えましたが、今年は蕾。
花の寿命が短いので、合わせるのが苦労です。

デンターラベンダー
a0155463_18594177.jpg

シソ科 ラバンドゥラ属
別名が、フレンチラベンダー
地中海沿岸~アフリカ北部原産
a0155463_192453.jpg
a0155463_1925229.jpg
a0155463_1925931.jpg

葉っぱは、鋸葉。

オーシャンウエイブ
a0155463_1954086.jpg

フウロソウ科 テンジクアオイ属
ハーブゼラニウムの1つ
a0155463_191218.jpg
a0155463_1912865.jpg

葉っぱに特徴のある大きな花のゼラニウム。
名前のとおり、葉っぱが波打っています。
芳香、バラの香り?
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-23 19:18 | 錦江湾公園

真砂本町の花々3/3です

今日の花は、コバノランタナ、スパラキシス、クレマチス、ディモルフォセカ、カラー、羽衣ジャスミン、貝殻草、チェッカーベリーの8つ。
今日も雨、終日でしたので出かけることが叶いません。

コバノランタナ
クマツヅラ科 ランタナ属
南米原産
a0155463_19312673.jpg
a0155463_19313521.jpg
a0155463_19314347.jpg

こちらでは、周年咲いています。
冬場は葉っぱが赤紫に変わるのと、花数が少しだけ少なめ。

スパラキシス
アヤメ科 スパラキシス属
南アフリカ原産
a0155463_1935777.jpg
a0155463_19351532.jpg
a0155463_19352225.jpg
a0155463_19352998.jpg
a0155463_19353720.jpg

カラフルな花です。
自宅のスパラキシスは白のみ、家内の好みです。
花の真ん中が黄色と黒になっているので、スパラキシス・トリカラー。
球根ですが、みるみる増えますね。

クレマチス
キンポウゲ科 センニンソウ属
a0155463_19454823.jpg
a0155463_19455574.jpg

花びらの数が6枚ものは「鉄線」(てっせん)、 8枚ものは「風車」(かざぐるま)と呼ぶようです。
花びら4枚・5枚・7枚もあるので、あまり当てにはなりませんが。

ディモルフォセカ
キク科 ディモルフォセカ属
南アフリカ原産
a0155463_19575438.jpg
a0155463_1958146.jpg

別名が、アフリカキンセンカ。
黄、橙、白、いろんな花色があります。

カラー
サトイモ科 オランダカイウ属
南アフリカ原産
a0155463_2033158.jpg
a0155463_2033828.jpg

よく見かけるのは白花ですが、ピンク、黄もありますね。

羽衣ジャスミン
モクセイ科 ジャスミナム属
芳香
a0155463_2093754.jpg

香りが強過ぎるので、ちょっと苦手な花。
息を暫し止めて撮ります。

貝殻草
キク科 ヘリクリサム属
オーストラリア原産
a0155463_20183254.jpg
a0155463_20183945.jpg
a0155463_20184556.jpg
a0155463_20185220.jpg
a0155463_2018595.jpg

和名が、ムギワラギク。
指で弾くとカサカサと。
生花のままでドライフラワー。

チェッカーベリー
ツツジ科 ゴーテリア属(シラタマノキ属)
和名が、ヒメコウジ
a0155463_20245984.jpg
a0155463_2025641.jpg

アメリカ東北部原産。
食用、見るからに美味そうな実ですが、味見はまだ。
眺めてるだけで充分です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-22 20:33 | 真砂本町

真砂本町の花々2/3です

今日の花は、エリカ'ホワイト・ディライト'、千日小坊、ガーベラ、イキシア、紫御殿、シラン、ムベ、バビアナ(ホザキアヤメ)、ノウゼンハレン、西洋十二単の10。

エリカ'ホワイト・ディライト'
ツツジ科 エリカ属
ヨーロッパとアフリカ原産
a0155463_1911551.jpg
a0155463_1912360.jpg

葉っぱだけ見ると杉。
開花時は純白の花で、先端から赤みがさしてくるようです。
ジャノメエリカとは、また違った趣の花。

千日小坊
ヒユ科 アルテルナンテラ属
ペルー、エクアドル原産
a0155463_20354365.jpg
a0155463_20355142.jpg

別名、アルテルナンテラ・ポリゲンス。
千日紅と似てますが、この花もドライフラワーにもなるようです。

ガーベラ
キク科 ガーベラ属
南アフリカ原産の園芸品種とか
a0155463_20433478.jpg

花色は、ピンク、赤、白、黄色、オレンジ、たくさんありますね。

イキシア
アヤメ科 イキシア属
南アフリカ原産
a0155463_20502124.jpg
a0155463_20502844.jpg

花色は、赤、白、ピンクなど様々。
別名が、ヤリスイセン、アリカンコーンリリー。

紫御殿
ツユクサ科 トラデスカンティア属
メキシコ原産
a0155463_20591548.jpg
a0155463_20592289.jpg

別名が、セトクレアセア、パープルハート、トラデスカンティア・パリダ。
ただ今、咲き始めです。

シラン(紫蘭)
ラン科 シラン属
a0155463_2144869.jpg
a0155463_2145696.jpg
a0155463_215353.jpg
a0155463_2151020.jpg

育てやすい花というか、庭で放置してると2・3年後は群落になります。(笑い)
ラン科、なかなかきれいですね。

ムベ
アケビ科 ムベ属
別名が、トキワアケビ(常磐通草)
a0155463_2192959.jpg
a0155463_2193638.jpg
a0155463_2194263.jpg

実はアケビのように開きません。
花の時期は、外側が白で内側がエンジ。
実の時期は、外側がエンジで内側が白、種は黒。
子ども時代は甘~いオヤツ、自然の贈り物でした。

バビアナ(ホザキアヤメ)
アヤメ科 バビアナ属
南アフリカ原産
a0155463_21215556.jpg
a0155463_2122118.jpg
a0155463_2122891.jpg

上のイキシアの花とそっくりですが、蕊や葉っぱの形が違うようです。
葉っぱに、はっきりとした筋があります。
花色は、青紫、赤紫、白、黄など。
フリージアにも似てますね。

ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)
ノウゼンハレン科 ノウゼンハレン属
別名が、キンレンカ(金蓮花)、ナスターチウム
a0155463_21313528.jpg
a0155463_21314279.jpg

ペルー、コロンビア、ブラジルの高地原産。
花色が、赤、橙、黄、カラフルです。

西洋十二単
シソ科 アジュガ属(キランソウ属)
別名が、アジュガ、西洋キランソウ
a0155463_21365959.jpg
a0155463_2137916.jpg

ヨーロッパ原産の園芸種。
花色は、淡紫、白、ピンクもあるようです。
キランソウも咲いていますが、また後日。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-21 21:40 | 真砂本町