<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

倉敷市で出会った風景と花々6です

倉敷美観地区散策の6回目。
撮った順番に掲載しています。
2日目の2回目。
今日はアイビースクエアから、大原邸旧別館まで。
アイビースクエアの中は、今回はじめて入ってみました。
なかなか広いですね。

a0155463_18395569.jpg
a0155463_1840236.jpg
a0155463_1840934.jpg
a0155463_18401931.jpg

水路は蓮池です。
宿泊や結婚式等にも利用できる施設でしょうか。
ロシアの観光客風の方を多数見かけました。

裏庭の桜も、ほぼ満開
a0155463_1845639.jpg
a0155463_18451431.jpg
a0155463_18452321.jpg

小雨の空で、ちょっと残念。
花も濡れて重くなっているようです。

裏庭の別棟に、陶芸工房がありました。
7・8名集まって話し合いの最中。
教室の前で咲いてたミツマタ
沈丁花(じんちょうげ)科 ミツマタ属
中国中南部、ヒマラヤ地方原産
a0155463_18561453.jpg
a0155463_18562248.jpg
a0155463_18562939.jpg
a0155463_18563839.jpg
a0155463_18564640.jpg

真っ白いフワフワの花の中心が黄色、南ではなかなかお目にかからない花。
樹皮は和紙の原料、コウゾ・ミツマタって小学校時代かな習ったような。
一万円札の原料。

陶芸工房の隣は、オルゴール工房
a0155463_1951861.jpg

ショーウインドーの中では、ハープを抱えた人形が。
さて、どんな曲が聴けるのでしょう。

西洋絵画室のレンガ造りの壁
a0155463_1910399.jpg
a0155463_19101028.jpg
a0155463_19101827.jpg

コンデジにワイド機能がないので、前の2枚はワンセット。
路面のレンガ風タイルの装飾がきれいでした。

サンシュユ(山茱萸)
ミズキ科 サンシュユ属
中国、朝鮮半島原産
a0155463_19152077.jpg
a0155463_19153143.jpg

葉っぱが出る前に黄色の小花がたくさんつきます。
別名が、ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ(秋珊瑚)。

大原邸旧別館と今橋
a0155463_19241564.jpg
a0155463_19242491.jpg
a0155463_19243255.jpg
a0155463_19244274.jpg
a0155463_19245052.jpg
a0155463_1925059.jpg
a0155463_192581.jpg

倉敷アイビースクエアーから倉敷考古館を回り込んで、大原邸旧別館の裏手に出ました。
周りの建物の色と、ここだけ違った色の建物。
大原孫三郎が1928年に建てた旧別館。
撮影ポイントを捜してみましたが、倉敷川の対岸からも標準レンズでは入らない位広い敷地でした。
傘をさしてウロウロとポイント捜ししてるのが、写真に出てしまいましたね。(笑い)
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-31 19:40 |

倉敷市で出会った風景と花々5です

倉敷美観地区散策の5回目。
撮った順番に掲載しています。
2日目も、小雨の寒い一日。
美観地区の端にある前神橋から、さらに倉敷川下流の堰まで。
白壁も格子もありません。

お店のガラス越しに見つけた、妙なもの
ビッグサイズの絵手紙風
a0155463_18524858.jpg
a0155463_18525620.jpg


倉敷市芸文館で見つけた辛夷
a0155463_18565511.jpg
a0155463_1857287.jpg


(株)IKUKO 美観地区店‎の前に咲いてた目薬の木
カエデ科 カエデ属
目の健康維持や肝機能の向上に効果があるとされる日本特産の落葉樹とか
a0155463_1925189.jpg
a0155463_1925896.jpg
a0155463_193581.jpg
a0155463_21565795.jpg

「何て名前の木だろう‥‥調べるのに苦労するかなあ‥‥」と眺めていたら、店の方がフイと現れてドッキリ。
「目薬の木というんです」
「このところ毎日10人くらいの人に訊かれるんですよね」
さっそくメモして撮らせていただきました。
ショーウインドの長~い花瓶も一寸。

前神橋に戻して対岸の花々めぐり
川岸で咲いてた柳
a0155463_19152140.jpg

ミツマタかな?
a0155463_19153181.jpg

ムスカリ
a0155463_19153951.jpg

雪柳
a0155463_19154972.jpg

花月
a0155463_19155749.jpg

連翹
a0155463_1916371.jpg

木瓜
a0155463_19161072.jpg
a0155463_19162094.jpg
蕾の雫がキラッキラ

ツルニチニチソウ
a0155463_1919347.jpg

鈴蘭水仙
a0155463_19201166.jpg

フレンチ・ラベンダー
a0155463_19232651.jpg
a0155463_1923343.jpg

ヒマラヤユキノシタ
a0155463_1925081.jpg

クリスマスローズ
a0155463_19254045.jpg


堰から河畔を離れて折り返し
桃太郎のからくり博物館の前に出ました
a0155463_19283793.jpg

お供のさると犬を従えた漫画チックな桃太郎が出迎えます。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-30 19:42 |

倉敷市で出会った風景と花々4です

倉敷美観地区散策の4回目。
撮った順番に掲載しています。
今日は、美観地区の東の端から、観光案内所(倉敷館)、倉敷川下流へ。

夢空間はしまやに続く小径
a0155463_1234215.jpg
a0155463_12343173.jpg
a0155463_12344021.jpg
a0155463_12345323.jpg
a0155463_12354012.jpg


アイビスクエアーの西側の通りからグルッと回り込んで入り口まで
a0155463_12372428.jpg
a0155463_12373482.jpg
a0155463_1237441.jpg
a0155463_12381449.jpg
a0155463_1238244.jpg

骨董屋さんの屋根の上、某音響メーカーの犬の置物が並んでいました。
焼き板壁、防腐効果がいいのかな。
アイビスクエアーの内部は2日目に撮っていますので、後日。

観光案内所(倉敷館)から西へ向かう下流へ
a0155463_12462559.jpg
a0155463_1246351.jpg
a0155463_1246479.jpg
a0155463_12465593.jpg
a0155463_12471157.jpg
a0155463_1247216.jpg
a0155463_12473363.jpg
a0155463_12474413.jpg
a0155463_12475817.jpg
a0155463_12481064.jpg
a0155463_12482633.jpg


辛夷のようにも見えますが、白木蓮
モクレン科 モクレン属
a0155463_12532452.jpg
a0155463_12533218.jpg

雨続きで花びらが開いてしまったようです。

1日目、約100枚。
この後ケーキ屋さんへ、孫と家族への手土産に。
通りで地元の方に訊いた「倉敷一番美味しいケーキ屋さん」を見つけにJR倉敷駅付近へ。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-29 12:59 |

倉敷市で出会った風景と花々3です

倉敷美観地区散策の3回目。
撮った順番に掲載しています。
今日は、大原美術館の北側から大原邸の裏の方の商店街。

格子や瓦屋根のきれいな町並み
a0155463_11203736.jpg
a0155463_11204829.jpg
a0155463_11205772.jpg
a0155463_1121645.jpg
a0155463_1121172.jpg
a0155463_11212680.jpg
a0155463_11213786.jpg
a0155463_11214844.jpg

中国銀行の玄関口、観光案内にもよく登場するスポットです。

沈丁花
ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
白花
a0155463_11251335.jpg


格子と犬よけ(?)
a0155463_1127884.jpg
a0155463_11271789.jpg
a0155463_1127265.jpg
a0155463_11273414.jpg
a0155463_11274237.jpg
a0155463_11275057.jpg

犬よけだったかな、京都でもよく見かけるもの。
酒屋の入り口の藁のクス球状の吊るしたもの、何でしょうね。
こちらでは珍しいものです。
<追 伸>
訂正です。
犬よけではなくて、犬矢来(いぬやらい)と呼ばれるもの。
家の外壁の裾を、泥やはねから防いだり、犬のマーキング(小便)を防ぐための囲いのようです。

連翹、黄梅、水仙、オドリコソウ
a0155463_11421936.jpg
a0155463_11422741.jpg
a0155463_11423533.jpg
a0155463_11424543.jpg


呉服店の店先
a0155463_1145572.jpg

呉服店の右の小筋の奥が旧米蔵のカフェ。
ここが美観地区の東の外れにあたります。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-28 11:51 |

倉敷市で出会った風景と花々2です

倉敷美観地区散策の2回目。
初日の続きです。
撮った順番に掲載しています。
今日は、新渓園の脇から大原美術館、倉敷川河畔、旅館奈良萬まで。

馬酔木
ツツジ科 アセビ属
アシビとも
a0155463_1247268.jpg


新渓園の脇から大原美術館の周辺
a0155463_12483192.jpg
a0155463_12484166.jpg
a0155463_1249240.jpg
a0155463_12492366.jpg
a0155463_12493353.jpg
a0155463_12494042.jpg


沈丁花
ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
中国南部原産
a0155463_1253218.jpg


大原美術館とカフェ・エル・グレコ、倉敷川河畔
a0155463_1335984.jpg
a0155463_1342079.jpg
a0155463_1343293.jpg
a0155463_1344128.jpg
a0155463_134517.jpg
a0155463_135631.jpg
a0155463_1351746.jpg

大原美術館は、前回観賞させていただいたので今回はパス。
大正時代末期に大原孫三郎が事務所として建てたエル・グレコは、緑の蔦が刈られて壁がむき出し状態。
建物の状況が冬場は確認できます。
河畔の桜も花をつけていました。
倉敷川も小雨の中。

カフェ・エル・グレコの前のお店
勝手口(?)の取り付け屋根は、まあるい瓦屋根
a0155463_13244255.jpg
a0155463_13245184.jpg
a0155463_1325128.jpg


旅館奈良萬の通り
a0155463_1327447.jpg
a0155463_13275279.jpg
a0155463_13275924.jpg
a0155463_13303419.jpg
a0155463_1334054.jpg

この通りは、前回の40年前小一時間眺めた場所。
当時は白黒ネガ、35mmの広角レンズで撮影でした。
カラーで撮っても、モノクロな風景。
通路の舗装は変わりましたが、なつかしい場所です。
2日目も立ち寄りましたので、また後日。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-27 13:44 |

倉敷市で出会った風景と花々1です

23日夕方から3日ほど出かけてきました。
旅といっても、引越しの手伝い。
今時の引越しは業者任せなので、男手はあまり役にはたちません。
組み立て棚の分解と電気器具の取り外しくらいかな。(笑い)
それと、自家用車の陸送。
中日の2日間はほぼフリータイムでしたが、あいにくの雨続き。
40年ほど前に立ち寄ってから、久しぶりの倉敷を歩いてきました。

馬酔木
ツツジ科 アセビ属
アシビとも呼ばれます
a0155463_2135166.jpg
a0155463_21352684.jpg
a0155463_21353366.jpg


写真を撮り始めたのが、大原美術館南側の町並みから
旅行者にとって、倉敷は白壁と格子と焼き板塀の美しい町
a0155463_21361449.jpg
a0155463_2136249.jpg
a0155463_2136345.jpg
a0155463_21364332.jpg
a0155463_21365262.jpg
a0155463_213729.jpg
a0155463_21371471.jpg
a0155463_22201544.jpg


雪柳とムスカリ
a0155463_2142355.jpg

すばらしい景色に見とれながらも、ついつい花に眼がいってしまいます。
どちらもちょうど満開。

大原美術館の本館と別館の間にある新渓園の庭園
a0155463_21474884.jpg
a0155463_21475689.jpg
a0155463_2148396.jpg
a0155463_21481041.jpg
a0155463_21481798.jpg
a0155463_21482512.jpg
a0155463_21483568.jpg
a0155463_21484552.jpg
a0155463_21491399.jpg
a0155463_21492230.jpg

石橋の架かる池に小雨の波紋ができて、なかなかの雰囲気でした。
あいにくの雨にも感謝。
大広間では備前焼の展示会の準備とかで大忙し。
回り廊下の織り込んだ戸袋と東屋の漆喰は、昭和に増築された部分とか。

40年前の倉敷滞在は約1.5時間ほど。
今回は2日間とも約3時間余り歩いて、美観地区とその周辺を充分堪能できました。
これから暫く倉敷の風景が続きます。
3月下旬というのに、10度以下の陽気。
アイビー・スクエアーの桜は、たくさんの花をつけていました。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-26 22:17 |

真砂町の花々2/2です

今日の花は、花月、ハテナ花、カランコエ・テッサ、キンチャクソウ、連翹、シキミの6つです。
26日まで、留守します。
先週のストックの写真から。

花月
ベンケイソウ科 クラッスラ属
別名、金のなる木
a0155463_1503533.jpg
a0155463_1503533.jpg

白地にピンクがかった星型のきれいな花です。

ハテナ花
a0155463_152503.jpg
a0155463_152575.jpg
a0155463_153451.jpg

青い花に特徴のある葉っぱですが、なかなか名前にたどり着けません。

カランコエ・テッサ
ベンケイソウ科 カランコエ属
マダガスカル原産、園芸種
a0155463_1565416.jpg
a0155463_1565864.jpg


キンチャクソウ(巾着草)
ゴマノハグサ科 カルセオラリア属
キンチャクソウは和名で、カルセオラリアが本名
メキシコ、チリ、ペルー、ニュージーランド原産
a0155463_15102881.jpg
a0155463_15103576.jpg

花弁は2枚、下の花弁が大きく壷状になっています。

連翹
モクセイ科 レンギョウ属
a0155463_15142048.jpg
a0155463_15142155.jpg

花期が結構長いですね。
黄色の鮮やかな花。

シキミ(樒)
シキミ科 シキミ属
別名が、ハナノキ
a0155463_15163657.jpg
a0155463_15165213.jpg
a0155463_1517086.jpg
a0155463_1517762.jpg
a0155463_1517819.jpg
a0155463_15171534.jpg
a0155463_1517304.jpg

清楚な花をつけますが、実は劇物。
中毒症状は嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、意識障害等、最悪は死亡とか。
悪しき実が、語源のようです。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-25 00:01 | 真砂町

真砂町の花々1/2です

今日の花は、山吹、ムスカリ、カタバミ、イペー、紫花菜、ハナニラ、ペチコート水仙、フリージア、コバノランタナの9つです。
26日まで、留守します。
先週のストックの写真から。

山吹
バラ科 ヤマブキ属
日本原産
英名が、イエロー・ローズ、ジャパン・ローズ
a0155463_13571158.jpg
a0155463_13571284.jpg


ムスカリ(瑠璃ムスカリ)
ユリ科(ヒアシンス科) ムスカリ属
地中海沿岸原産
a0155463_140431.jpg

日当たりによい場所に植えると、色が一層濃く見えるようです。

カタバミ
カタバミ科 カタバミ属
本家カタバミ(笑い)
a0155463_1442454.jpg
a0155463_1442454.jpg


イペー
ウゼンカズラ科
別名、コガネノウゼン、キバナノウゼン
英名は、ゴールデン・トランペット・ツリー
南米原産
別名、イッペー
a0155463_14182520.jpg

ブラジルの国花。
こちらでは今が咲き始め。
これから花が増えそう、毎年楽しみな花です。

紫花菜
アブラナ科 オオアラセイトウ属
別名が、ショカツサイ(諸葛采),オオアラセイトウ,ハナダイコン(花大根)
a0155463_14235117.jpg
a0155463_14235964.jpg


ハナニラ
ユリ科 イフェイオン属
a0155463_1426167.jpg
a0155463_14263144.jpg
a0155463_14263220.jpg

自宅の庭でも、野生化しています。
ムスカリの苗をもらった時に引っ越してきたのかな。
毎年増え続けているようです。

ペチコート水仙
ヒガンバナ科 スイセン属
地中海沿岸地方原産
a0155463_14312414.jpg
a0155463_14312425.jpg

ラッパ状の形の変わった水仙です。

フリージア
アヤメ科 フリージア属
花色は、赤、白、黄、ピンク、紫
a0155463_1435215.jpg
a0155463_14352888.jpg
a0155463_14353028.jpg

香りが最高です。

コバノランタナ(小葉のランタナ)
クマツヅラ科 ランタナ属
ランタナ(シチヘンゲ)に似てますが、別種
南アメリカ原産
a0155463_1439924.jpg
a0155463_14391587.jpg

葉っぱも冬色の紫から緑によみがえってきました。
花数も増えてきたようです。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-24 00:01 | 真砂町

鴨池新町の花々です

今日の花は、コノテガシワ、ツツジ、ウスベニニガナ、菫、アコウ、椿の6つです。
23日の夕方から26日まで、留守します。
そんな訳で、早めのアップです。
ストックの写真から。
この日は小雨の寒い日、草花も濡れています。

コノテガシワ
ヒノキ科 コノテガシワ属
中国原産
a0155463_139112.jpg
a0155463_1391176.jpg
a0155463_1391999.jpg

コノテガシワは雌雄同株、白い花がつきます。
和名の児の手柏、小さな子どもの手に似てるかな。

ツツジ
ツツジ科 ツツジ属
a0155463_13134324.jpg
a0155463_13135783.jpg

だいぶ花が増えてきました。

ウスベニニガナ(薄紅苦菜)
キク科 ウスベニニガナ属
a0155463_13192892.jpg
a0155463_13193632.jpg

アジア、アフリカの熱帯から亜熱帯に生える植物です。
ピンクの花、小さな花です。


スミレ科 スミレ属
a0155463_13225922.jpg
a0155463_1323630.jpg

種類が多いので正確な名前はなかなかわかりません。
路傍の菫、この花が多いようです。

アコウ
クワ科 イチジク属
別名が、絞め殺しの木
a0155463_13294549.jpg
a0155463_13295168.jpg
a0155463_13301097.jpg
a0155463_13301180.jpg
a0155463_13301932.jpg

別名のわりには、かわいらしい実をつけます。
名前の由来は、成長の過程で直ぐ傍の樹木や岩を幹に巻き込んで大木に育つから。
取り付かれた木は、やがて見えなくなります。

椿
ツバキ科 ツバキ属
a0155463_13405962.jpg
a0155463_134179.jpg
a0155463_13411492.jpg
a0155463_13413049.jpg

山椿でしょうか。
そろそろ椿の季節も終わりに近づいています。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-23 00:01 | 鴨池新町

真砂本町の花々3/3です

今日の花は、山吹、シキミ、ハーデンベルギア、緑の舞、八重椿、チェリーセージ'ホットリップス'、鈴蘭水仙の7つです。
早朝から晴れ、終日いい天気に恵まれそうです。
庭のカタバミ、数種類のオキザリス、ハナニラの花が全開です。
今日の最高気温は20度、外の方が暖かそうです。

山吹
バラ科 ヤマブキ属
日本原産
英名が、イエロー・ローズ、ジャパン・ローズ
a0155463_10405239.jpg
a0155463_10405852.jpg


シキミ(樒)
シキミ科 シキミ属
別名が、ハナノキ
a0155463_10453256.jpg
a0155463_10453388.jpg
a0155463_10453952.jpg
a0155463_10455336.jpg

清楚な花をつけますが、実は劇物です。

ハーデンベルギア
マメ科 ハーデンベルギア属
オーストラリア、タスマニア島原産
別名が、ヒトツバマメコマチフジ、コマチフジ
a0155463_117396.jpg
a0155463_1175228.jpg
a0155463_1175247.jpg


緑の舞
オキザリス・トライアンギュラリスの緑の葉っぱ
葉っぱの色がむらさきのは、紫の舞
葉っぱに銀の模様のはいる銀の舞
カタバミ科 カタバミ属
a0155463_11394810.jpg
a0155463_11394854.jpg


八重椿
ツバキ科 ツバキ属
a0155463_114219100.jpg
a0155463_11423289.jpg

はなびらの間から蕊が覗いています。
なかなか面白い花の形です。

チェリーセージ'ホットリップス'
サルビア・ミクロフィラの園芸種
シソ科 サルビア属
a0155463_1146477.jpg
a0155463_11461180.jpg
a0155463_11461737.jpg
a0155463_11462381.jpg
a0155463_1146308.jpg


鈴蘭水仙
ヒガンバナ科 スノーフレーク属
和名は、オオマツユキソウ(大待雪草)
ヨーロッバ中南部原産
a0155463_1149497.jpg
a0155463_11491787.jpg
a0155463_11491685.jpg

花びらの先の緑のポイントが可愛らしい花です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-03-22 11:51 | 真砂本町