<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

真砂町の花々3/4です

今日の花は、紅梅、千両、小海老草、ガザニア、頷き姫芙蓉、オキザリス・セルヌア、ロベリア・エルヌス、バコパ、ポピーの9つです。

紅梅です。              
a0155463_124910.jpg
a0155463_124175.jpg
a0155463_1242586.jpg
a0155463_1243367.jpg
a0155463_1244171.jpg

仄かな春の香りがします。

千両と小海老草です。          
a0155463_1211513.jpg
a0155463_12115932.jpg
a0155463_1212773.jpg

千両の実が、鮮やかです。
小海老草も、花をつけています。

ガザニアと頷き姫芙蓉です。    
a0155463_12174177.jpg
a0155463_12175051.jpg
a0155463_12181310.jpg

ガザニアは、キク科 クンショウギク(ガザニア)属。
春から夏が花期ですが、こちらではほぼ1年中咲いているようです。
頷き姫芙蓉は、アオイ科 ヒメフヨウ属。
花がだいぶ小さくなりました。

オキザリス・セルヌアとロベリア・エルヌスです。
a0155463_12283478.jpg
a0155463_1228423.jpg

オキザリス・セルヌアは、和名がオオキバナカタバミ。
1回植えると瞬く間に広がって野生化します。
レモンイエローの花、なかなかきれいです。
ロベリア・エルヌスは、キキョウ科 ロベリア属。
花色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白など。
和名が、ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)。

バコパです。               
a0155463_12441926.jpg
a0155463_12442634.jpg
a0155463_12443371.jpg

ゴマノハグサ科 ズーテラ属。
ステラとかズーテラとかも呼ばれています。
花は、夏場に少なくなりますが一年を通して咲き続けます。

ポピーです。               
a0155463_12553518.jpg
a0155463_12554214.jpg

真砂町の公園の花壇です。
暖かい日はこの公園で弁当を広げるサラリーマンも見かけますが、冬場はさすがに人影は疎らです。
少しの風にも揺れるので、シャッターのタイミングが微妙です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-31 13:01 | 真砂町

真砂町の花々2/4です

今日の花は、オキザリス・セルヌア、スイート・アリッサム、西洋桜草、キルタンサス・マッケニー、カランコエ、黄実千両、レンギョウ、ハテナ、ミニ水仙の9つです。
今朝で切り餅が最後でした。
毎年友人の実家から分けていただいてる餅米で搗きます。
カライモ餅は三が日でなくなってしまいます。
今年も長い間美味しくいただきました。

オキザリス・セルヌアです。      
a0155463_1184139.jpg
a0155463_1184844.jpg

この花は茎が長いのであちらこちらに倒れ掛かって花を咲かせます。
レモンイエローのきれいな花です。

スイート・アリッサムです。       
a0155463_1112325.jpg
a0155463_11121245.jpg

白花が多いですが、赤、桃、淡紫等もあります。
パンジーやガーデンシクラメンなどと寄せ植えされることが多く、いつも脇役です。

西洋桜草です。              
a0155463_1117290.jpg
a0155463_1117837.jpg
a0155463_11171527.jpg

プリムラ・マラコイデス、乙女桜(おとめざくら)とも呼ばれます。
桜草の園芸品種です。

キルタンサス・マッケニーです。        
a0155463_1121839.jpg
a0155463_11211464.jpg
a0155463_11212192.jpg

ヒガンバナ科 キルタンサス属。
南アフリカ原産。
こちらはピンクが多いですが、赤花もあるようです。

カランコエです。        
a0155463_1138780.jpg
a0155463_1138139.jpg

オレンジの花です。
2枚目は陰地で、全体的に青が被ってしまったようです。

黄実千両です。          
a0155463_1141467.jpg
a0155463_11411039.jpg

まだたくさん実がついています。
早い時期についた実は、もう落ちてしまったものもあります。

レンギョウです。         
a0155463_11425464.jpg
a0155463_1143378.jpg

モクセイ科 レンギョウ属。
連翹は3・4月に咲く花ですが、気の早い花のようです。

ハテナ花?です。         
a0155463_11471237.jpg
a0155463_11472062.jpg

葉っぱかな。
白の細い模様が入っています。
今後どうなるか、楽しみです。

ミニ水仙です。           
a0155463_11485986.jpg
a0155463_1149724.jpg

テータ・テートです。
鮮やかな黄色の小さな花です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-30 11:50 | 真砂町

真砂町の花々1/4です

今日の花は、ストック、山丹花、紅丁子、薔薇、ローズマリー、チロリアンランプ、金のなる木、シンビジューム、ヒイラギ南天、サルビアの10です。
今日は晴れ間が出てきました。
歩き始めたときは、風がちょっとつめたいようでしたが、事務所に帰る頃には薄手のジャンパーの中はホカホカでした。

ストックです。            
a0155463_1841553.jpg
a0155463_18411411.jpg
a0155463_18412165.jpg
白と赤のストックが並んで咲いていました。
今、あちらこちらで見かけます。

山丹花の蕾です。           
a0155463_18435096.jpg

アカネ科 サンダンカ属。
イクソラ・キネンシスの方です。
花びらの丸い方がイクソラ・キネンシス、先が尖った花びらがイクソラ・コッキニア。
花びらの色も、キネンシスの方が橙色、コッキニアの方は真っ赤です。

紅丁子です。               
a0155463_18503010.jpg
a0155463_18503935.jpg
a0155463_18504871.jpg

ナス科 ケストルム属(キチョウジ属)。
この花も、長い間咲きつづけます。
同じ名でミソハギ科 タバコソウ属もあるので、ヤヤコシイ。
どちらも筒花、花期までが同じです。
タバコソウ属の方は、花が1つずつ咲きます。

薔薇です。               
a0155463_18574422.jpg
a0155463_18575215.jpg
a0155463_18575947.jpg
a0155463_1858516.jpg

ピンクの薔薇は四季咲き大輪。
白の方は、ミニ薔薇です。
一番下の花も白のミニ薔薇ですが、花びらの先がピンクに変わっています。

ローズマリーです。          
a0155463_1923694.jpg
a0155463_1924291.jpg
a0155463_1924920.jpg

薄紫のかわいい花です。
小さな細い葉っぱに触れると、いい香りがします。
シソ科 マンネンロウ属(ロスマリヌス属)。
ハーブで、料理や入浴剤としても使われているようです。

チロリアンランプと金のなる木です。 
a0155463_1983820.jpg
a0155463_1984788.jpg
a0155463_198541.jpg

チロリアンランプは、花のままで冬を越します。
一年中、花が絶えません。
金のなる木、最初の一輪です。
5円玉は、ついていませんね。(笑)
これからピンクの小花がたくさん開きます。

シンビジュームとヒイラギ南天とサルビアです。
a0155463_19144699.jpg
a0155463_19145335.jpg
a0155463_1915033.jpg

シンビジューム、今あちこちで咲いています。
なかなかきれいで花が長く楽しめます。
ヒイラギ南天の花茎が放射状に伸びています。
黄色の花、まだ先ですね。
サルビアも、少し勢いがなくなってきました。
が、真っ赤な花は健在です。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-29 19:19 | 真砂町

真砂本町の花々6/6です

今日の花は、木瓜、沈丁花、オキザリス、ムラサキルーシャン、紫紺野牡丹、花キリン、黄梅、ツツジ、ネズミモチの実の9つです。
昨夜日付が変わる頃に降りだした雨が、9時頃まで続きました。
気圧の谷のせいです。
昨日は快晴だったのですが、予報がピタリ。
明日の晴れ予報、期待できそうです。

木瓜です。              
a0155463_1841440.jpg
a0155463_18411336.jpg
a0155463_18412282.jpg
2枚目は蕾、枝から直接蕾が出てるのがわかります。
草木瓜は棘がたくさんありますが、木瓜の方はあまり目立ちません。

沈丁花です。             
a0155463_18474117.jpg
a0155463_18475256.jpg
花はまだで、花芽です。
白の沈丁花、2日前のブログでは赤(といっても紫かな)。
ただいま準備中です。

オキザリスです。           
a0155463_18504147.jpg
a0155463_18504875.jpg
オキザリスは、種類がたくさんありますね。
バリアビリス・ローズのようです。
陽射しが好きで、曇った日や夕方は萎んでしまいます。

ムラサキルーシャンです。       
a0155463_20323598.jpg
a0155463_20324487.jpg
リンゴアザミともいいます。
仄かなリンゴの香りがあるようですが、ハテ。
花の中心が広いのが若い花です。

紫紺野牡丹です。          
a0155463_20374364.jpg
a0155463_20375018.jpg
a0155463_20375870.jpg
ノボタン科 ティボウキナ属(シコンノボタン属)。
英名が、スパイダーフラワー。
夏場から秋に咲く花ですが、こちらでは冬場まで咲きつづけます。
花びらはごく薄くて、少しの風でも折れ曲がります。

花キリンです。            
a0155463_20452731.jpg
a0155463_20453498.jpg
肉厚の葉っぱが赤くなってきました。
花は元気です。
ちいさい花のハナキリンの葉っぱは、まだ青々としています。

黄梅とツツジです。           
a0155463_20484917.jpg
a0155463_20485627.jpg
a0155463_2049362.jpg
a0155463_20491164.jpg
オウバイ(黄梅)といってもモクセイ科 ソケイ属。
別名が、ゲイシュンカ(迎春花)。
中国北部原産。
ツツジ、また見つけましたよ。

ネズミモチの実です。       
a0155463_2055285.jpg
a0155463_20553547.jpg
a0155463_20554399.jpg
夏のはじめに白い花をたくさんつけます。
実は、黒に近いねずみ色。
別名が、タマツバキ(珠椿),ネズミノフン(鼠の糞),ネズミノコマクラ(鼠の小枕)。
4弁の真っ白な花がきれいなのですが、どの名前にも花のことは出てきません。
胃痛、胃潰瘍などに、薬効があるようです。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-28 21:05 | 真砂本町

真砂本町の花々5/6です

今日の花は、蝋梅、オキザリス・レグネリー、乙女椿、ノウゼンハレン、椿、ムラサキルーシャン、オンシジウム、アネモネ、ストックの9つです。

今朝は冷えましたが、昼間はどんどん気温が上がってきました。
どうやらまた雨の気配。

蝋梅です。            
a0155463_191564.jpg
a0155463_1911325.jpg
蝋梅も、少し枯れかけてきました。
ますます蝋細工の花のようです。

オキザリス・レグネリーです。      
a0155463_193352.jpg
a0155463_1931216.jpg
緑の舞です。
葉っぱが紫は、紫の舞でしたね。

乙女椿です。                
a0155463_1952716.jpg
a0155463_1953671.jpg
乙女椿は、薔薇のような花びらです。
花のままの形で、茶色くなって落ちてしまいます。

ノウゼンハレンです。          
a0155463_1984331.jpg
a0155463_1985135.jpg
ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)は、ノウゼンハレン科 キンレンカ属 (ノウゼンハレン属)。
キンレンカ(金蓮花)とか、ナスターチウムとかも呼ばれます。
直射日光を浴びて、金色に輝いています。

椿です。                 
a0155463_19134141.jpg
a0155463_1913492.jpg
この椿は、ごく小さな花です。
花径が4cmくらいかな。

ムラサキルーシャンです。         
a0155463_1916525.jpg
a0155463_191615100.jpg
下の方は、咲き始め。
花の外側からゆっくり花びらが伸びてきます。
上の方の花になるまで、暫くかかります。

オンシジウムです。          
a0155463_1919219.jpg
a0155463_19192835.jpg
ラン科の花は、花の期間が長いですね。
一ヶ月は充分楽しめます。

アネモネです。                
a0155463_1922085.jpg
a0155463_1922770.jpg
a0155463_19221780.jpg
金鳳花(きんぽうげ)科 イチリンソウ属。
南ヨーロッパ地中海沿岸原産。
早春の花、ギリシャ語で風の花の意味のようです。

ストックです。            
a0155463_19275372.jpg
a0155463_192804.jpg
アブラナ科 アラセイトウ属。
別名が、紫羅欄花(あらせいとう)。
春を告げる花の一つですが、年越しで咲いているようです。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-27 19:34 | 真砂本町

真砂本町の花々4/6です

今日の花は、黄梅、藪椿、エクメア・ガモセパラ、クロガネモチの実、沈丁花、匂い椿、サルビア・ミクロフィラ’ホット・リップス’の7つです。

黄梅です。                
a0155463_19513570.jpg
a0155463_19514212.jpg
a0155463_19514960.jpg
モクセイ科 ソケイ属。
花が少し大きめなので、雲南黄梅 (ウンナンオウバイ)のようです。
自宅の雲南黄梅は、まだ蕾が出てきません。
前の道路に枝垂れるので、ちょっと剪定し過ぎだったかな。

藪椿です。              
a0155463_19582685.jpg
a0155463_19583219.jpg
a0155463_19584046.jpg
藪椿は、カラフルですね。
ピンク一色が多いですが、白い花だけ撮っています。

エクメア・ガモセパラです。        
a0155463_201833.jpg
a0155463_2011669.jpg
a0155463_2012373.jpg
パイナップル科 エクメア属。
花の形がユニークな可愛いアナナスです。
ブルーシャンデリアとも呼ばれています。

クロガネモチの実です。         
a0155463_2051026.jpg
a0155463_2051834.jpg
a0155463_2052517.jpg
モチノキ科 モチノキ属。
クロガネモチは、雌雄異株。
雄株は、実はつきませんが花は雄花の方がきれいです。
自宅を建てた頃雄株を庭に植えていましたが、花の頃は蜂がたくさん群がるので閉口しました。
雌株の方が赤い実を楽しめて、よかったですね。

沈丁花です。           
a0155463_20204272.jpg
a0155463_20205036.jpg
a0155463_20205850.jpg
沈丁花の赤の方ですね。
花芽も赤いので、分かりやすい花です。
白もありましたが、明後日。

匂い椿です。            
a0155463_20232558.jpg
a0155463_20233366.jpg
匂い椿といっても微かな香りです。
小さな花をたくさんつけます。
今はまだ蕾、開花はこれからです。

サルビア・ミクロフィラ’ホット・リップス’です。
a0155463_20301751.jpg
a0155463_20302599.jpg
サルビアの中で、もっとも可愛い花かな。
2つずつ並んで咲いています。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-26 20:33 | 真砂本町

真砂本町の花々3/6です

今日の花は、ブルーデージー、ロベリア・エルヌス、ツツジ、臭木の実、オオバジャノヒゲ、ピラカンサス、野牡丹、カランコエ・ラクシフロラ、ローズマリー、ランタナ、シンビジューム、椿の12です。
昨日は快晴、今日は降ったり止んだり、明日は晴れの予報です。
このところ日替わりの天気が続きます。
予報は、難しいですね。
今日午後3時15分頃震度2の地震がありました。
わりと永い揺れ、大隅半島東の海域マグニチュード5.3だったとか。
震度4の大隅半島の国道で落石があったようですが、無事のようです。
事務所がビルの7階にありますが、建物の中程なので揺れが永く続くようです。
埋立地に建っているので、地盤の液状化が気になるところです。
事故のニュースもなく、なによりです。

ブルーデージーです。         
a0155463_21393845.jpg
a0155463_21394540.jpg
a0155463_2139527.jpg
a0155463_21395864.jpg
水色の花、なかなかきれいです。
ちょっと季節ハズレのようですが、夏場をのぞいて繰り返し花をつけます。

ロベリア・エルヌスとツツジと臭木の実です。
a0155463_21451764.jpg
a0155463_21452682.jpg
a0155463_21453932.jpg
ロベリア・エルヌスは、キキョウ科 ロベリア属。
花色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白など。
この花も季節はずれですね。
ツツジ、花期はもちろん春ですが、年中どこかでポツリと咲いているのをみかけます。
臭木の実、藍色のきれいな実と真っ赤なガクが好対照です。

オオバジャノヒゲとピラカンサスです。    
a0155463_21534630.jpg
a0155463_21535413.jpg
a0155463_2154176.jpg
a0155463_2154910.jpg
オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)は、真っ黒の実です。
ユリ科 ジャノヒゲ属。
ジャノヒゲの葉っぱや実に似ていますが、名前の通り葉っぱが広くて実は濃紺というより黒。
ピラカンサスは、オレンジ色の実なので橘擬」(タチバナモドキ)のようです。

野牡丹とカランコエ・ラクシフロラです。
a0155463_2274323.jpg
a0155463_2275232.jpg
野牡丹のシベは白。
紫紺野牡丹は、シベまでむらさきです。
カランコエ・ラクシフロラ、なかなか花になりません。
厚めのガクの中で、ただ今準備中。

ローズマリーとランタナです。     
a0155463_22114073.jpg
a0155463_22114856.jpg
a0155463_22115614.jpg
a0155463_2212490.jpg
ローズマリーは、むらさきの花。
ちいさな葉っぱの枝に触れると、なかなかいい香りです。
ランタナも花がだいぶ少なくなってきました。

シンビジュームと椿です。       
a0155463_22145064.jpg
a0155463_22145881.jpg
a0155463_2215627.jpg
シンビジュームと椿を写真に収めてると、窓が開いて声をかけられました。
この家の道路脇は、花鉢でいっぱいです。
胡蝶蘭の小鉢を家の中から差し出して、これ蕾かな。
ランの根元から15cm位の花芽が立ち上がっていました。
「いや~、自宅で胡蝶蘭の花芽が育つのは珍しいですね。
大事に育って欲しいですね。
鉢はこのままで、大きいのに植え替えしない方がいいようですよ。…」
余計なお世話、だったかな。
白い椿、小ぶりのかわいい花でした。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-25 22:26 | 真砂本町

真砂本町の花々2/6です

今朝はだいぶ冷え込み、からりと晴れ上がりました。
外の方が暖かいようでした。
展示会が今日まで、お昼に作品の撤収作業でした。
大きいのは花瓶1本でしたが、組皿・壁掛けなど小物が多いので一仕事です。
作品はすべて割れ物、何とか無事終わりました。
展示風景は、一昨日のブログに掲載しています。

今日の花は、カランコエ・ラクシフロラ、カランコエ、椿、梅、薔薇、ブロッコリーの6つです。

カランコエ・ラクシフロラです。      
a0155463_17104397.jpg
a0155463_17104923.jpg
a0155463_17105591.jpg
a0155463_171126.jpg
a0155463_1711826.jpg
ベンケイソウ科 カランコエ属。
胡蝶の舞とも呼ばれます。
ドングリのような蕾(ガクの部分)です。

カランコエです。               
a0155463_1715812.jpg
a0155463_17151792.jpg
ベンケイソウ科 リュウキュウベンケイ属。
紅弁慶(べにべんけい)とも呼ばれています。
マダガスカル原産。

椿です。                 
a0155463_1718463.jpg
a0155463_17185367.jpg
a0155463_1719184.jpg
a0155463_1719949.jpg
山椿にそっくりですが、花はちょっと大きめでした。
蕾も大きいので、迫力あります。

梅です。                 
a0155463_17215651.jpg
a0155463_1722390.jpg
a0155463_17221138.jpg
鉢植えの梅です。
香りがいいですね。

薔薇です。               
a0155463_17283616.jpg
a0155463_17284444.jpg
四季咲きの薔薇は、寒さにも強いですね。
花びらの裏が黄色、「希望」に似ています。

ブロッコリーです。          
a0155463_17361581.jpg
a0155463_17362491.jpg
アブラナ科 アブラナ属。
キャベツの変種。
花色は黄色ですが、食べるのは蕾。
たくさん水滴をつけていますが、陰地の畑で見つけにくいかも、です。
陽射しがあると輝くのですがね。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-24 17:44 | 真砂本町

真砂本町の花々1/6です

今日の花は、黄梅、ノウゼンハレン、カランコエ、ヒナギク、紫紺野牡丹、ピラカンサスの6つです。

黄梅です。            
a0155463_1825979.jpg
a0155463_183549.jpg
a0155463_1831275.jpg
a0155463_1831947.jpg
a0155463_1832611.jpg
a0155463_1833287.jpg
a0155463_1833982.jpg
住宅街なので、電線・電話線・屋根のひさしがどちらに向けても入ってきます。
青空の中の黄梅を撮るのも、なかなかです。
軒がやっぱり入ってしまいました。

ノウゼンハレンです。         
a0155463_18101010.jpg
a0155463_18101774.jpg
a0155463_18102635.jpg
釣り鉢の中のノウゼンハレンです。
寒い中、きれいな花を咲かせています。

カランコエです。           
a0155463_18122240.jpg
a0155463_18123061.jpg
a0155463_18123771.jpg
a0155463_18124431.jpg
a0155463_1812521.jpg
オレンジ・白・ピンク。
寒さに強く、今が旬の花です。
蕾がたくさん伸びています。
5月くらいまで咲き続けます。

ヒナギクと紫紺野牡丹です。    
a0155463_18205426.jpg
a0155463_1821350.jpg
a0155463_18211293.jpg
ヒナギクは、イタリアの国花とか。
さて、日本の国花は菊でしたね。
紫紺野牡丹と野牡丹、あまり見かけなくなってきましたが、時々ポツリと咲いています。

ピラカンサスです。           
a0155463_1829067.jpg
a0155463_1829878.jpg
紅い実になってもう一ヶ月以上も経ちますが、まだまだ元気です。
オレンジ色は、橘擬(たちばなもどき)。
赤い実の方は、常盤山櫨子(ときわさんざし)。
橘擬が中国南西部原産で、常盤山櫨子はヨーロッパ東南部原産。
5月の頃の、真っ白な花の時期もきれいですね。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-23 18:36 | 真砂本町

展示会の準備

明日から毎年恒例の武・田上公民館自主グループ展示発表会。
午後から休暇をもらって、展示会の準備でした。
毎年作品が集まるか気になるところですが、メンバーの協力で今年もたくさん集まりました。
a0155463_22393821.jpg
a0155463_22394867.jpg
会場入り口のパネル展示です。
案内板だけでは寂しいので、壁掛け花瓶を並べてあります。
陶芸の自主グループは2つ、永窯会と永陶会。
窯元永田哲勝さんの教え子たちです。
永窯会は発足から17・18年、永陶会も10数年経過。
私の方は永窯会で活動中。
仲間には、全国の陶芸展・地元の陶芸展で特別賞・特選・入選者も多数です。

永窯会の作品です。
a0155463_2372791.jpg
a0155463_2373413.jpg
a0155463_2374231.jpg
a0155463_2375089.jpg
a0155463_2375931.jpg
a0155463_238918.jpg
a0155463_2381798.jpg
a0155463_2382829.jpg
a0155463_2383898.jpg
a0155463_2384879.jpg
a0155463_2392136.jpg

丈の高い作品は、50cm位です。
作品をじっくり鑑賞いただくためにはもっと広い場所が必要ですが、盛りだくさんで賑やかにと並べています。(笑)
鹿児島陶芸展特選・入選の作品も何点か来ていますね。
昨年から始めたメンバーもいますが、10数年来の仲間が中心。
作品を見るだけで誰の作品かが分かります。
形や色使い、たくさんの個性の集まりです。

永陶会の作品です。
a0155463_2329152.jpg
a0155463_23292599.jpg
a0155463_23293363.jpg
a0155463_23294246.jpg
a0155463_2329522.jpg
a0155463_2330198.jpg
a0155463_23301032.jpg

永陶会は、主婦を中心としたメンバーです。
毎年楽しい作品を見せていただいて、参考になります。
使いかってのいい作品が多いですね。

明日の搬入もありますが、今日並べ終わった段階での展示風景です。
明日23日から24日午前中まで、短い間の展示です。
展示即売はありませんが、遊び心たっぷりの作品群。
実物をご覧いただければ幸いです。
作り方、釉薬すべてお答えできると思います。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-01-22 23:48 | 陶芸