真砂町の花々3/4です

今回は、サルビア・ガラニティカ、姫緋扇、ツルバキア・ビオラセア、金鈴樹、ハナキリン、チロリアンランプ、台湾連翹、桃色昼咲き月見草、キャットテールの9つ。

サルビア・ガラニティカ
シソ科 サルビア属
南米原産
a0155463_18452099.jpg

英名が、アニスセンテッドセージ、マジェスティックセージ。
メドーセージの名で出回ることが多いようですが、別物とか。
ブルーのきれいなセージです。

姫緋扇
アヤメ科 アノマテカ属 (ラペイルージア属)
南アフリカ原産
a0155463_18505029.jpg

右側の方には、実ができているようです。
種はツヤツヤの茶色、もう暫くかかりそうです。

ツルバキア・ビオラセア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0155463_18543884.jpg

別名が、ルリフタモジ(瑠璃二文字)。
小さな星型の花。
葉っぱがニラそっくりで、香りまで。

金鈴樹
ノウゼンカズラ科 テコマ属
熱帯アメリカ原産
a0155463_18591340.jpg
a0155463_18592145.jpg

別名が、イエローベル、タチノウゼン、キバナテコマ。
鮮やかな黄色の花です。

ハナキリン
トウダイグサ科 ユーホルビア属
マダガスカル原産
a0155463_1952580.jpg
a0155463_19521341.jpg
a0155463_19522328.jpg
a0155463_19523243.jpg

別名、キスミークイックとか。
鋭いトゲが、近寄れない存在。

チロリアンランプ
アオイ科 アブチロン属
ブラジル原産
a0155463_2025043.jpg
a0155463_2025934.jpg

和名が、浮釣木・雪中花。
花期は5~1月となっていますが、こちらは一年中咲いているようです。

台湾連翹
クマツヅラ科 ハリマツリ属(デュランタ属)
熱帯アメリカ原産
a0155463_2072260.jpg
a0155463_2073152.jpg

仲間にデュランタ・タカラズカがありますが、この花は薄紫の花。
花後に黄色い球形の実が鎖状につきます。
実の方もきれいですね。

桃色昼咲き月見草
アカバナ科 マツヨイグサ属
北アメリカ原産
a0155463_20161325.jpg
a0155463_20162143.jpg

ヒルザキツキミソウは白い花で、しぼむと桃色。
帰化植物ですが、野生化して群落を作っています。

キャットテール
トウダイグサ科 アカリファ属
インド原産
a0155463_20222142.jpg
a0155463_20222966.jpg
a0155463_20223788.jpg
a0155463_20224538.jpg

別名、アカリファ・レプタンスでいいのかな。
赤い花穂、一年中見られます。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-05-25 07:17 | 真砂町
<< 真砂町の花々4/4です 真砂町の花々2/4です >>