鴨池新町の花々2/2です

今回は、マテバシイ、ハイビスカス、ネズミモチ、ポリガラ・ミルティフォリア、大手毬、八重小手毬、花蘇芳の種、紅葉の種の8つ。
連日25度を超える夏日、今日から天気は下り坂。
実家の枇杷も熟れる頃、午前中に出かけてみましょうか。

マテバシイ
ブナ科 マテバシイ属
九州南部から南西諸島に自生
a0155463_21213055.jpg
a0155463_21213836.jpg
a0155463_21214666.jpg

ドングリの木です。
薄緑の尾状の花は雌花、花の季節を迎えています。

ハイビスカス
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
a0155463_21265987.jpg
a0155463_2127792.jpg

2ヶ月ほど花を休んでいましたが、また、咲き始めたようです。
年中咲き続ける花もありますが、春は花が小さめです。
真夏を思わせる真紅のオールド・ハイビスカスです。

ネズミモチ
モクセイ科 イボタノキ属
a0155463_21322613.jpg
a0155463_21323467.jpg
a0155463_21324369.jpg

枝先にビッシリと小さな白い花をつけます。
モクセイ科ですが、花の香りはあまりいただけません。
小蜂がよく着いているようです。

ポリガラ・ミルティフォリア
ヒメハギ科 ポリガラ属
南アフリカ原産の園芸種
a0155463_21391873.jpg
a0155463_21392928.jpg
a0155463_21393742.jpg
a0155463_21394433.jpg

ちょっとマメ科に似た花、最初に花の名前を調べるときにちょっと苦労しました。(笑い)
茎は、細い枝状で真直ぐに伸びます。

オオデマリ(大手毬)
スイカズラ科 ガマズミ属
日本原産のヤブデマリの園芸品種
a0155463_21481022.jpg
a0155463_2148191.jpg

紫陽花よりもちょっと早めに咲き始めます。
純白のきれいな花です。
葉っぱは卵形、ギザギザな葉脈の線がくっきりとしています。

八重小手毬
バラ科 シモツケ属
a0155463_21554674.jpg

花が大きいので、小手毬とは分かりません。
葉っぱも、小手毬の葉より幅広です。

花蘇芳
ジャケツイバラ科(マメ科) ハナズオウ属
中国原産
a0155463_2205435.jpg
a0155463_221119.jpg

春先に赤紫の花を枝一杯につけていましたが、もう種になっています。
種も枝にタワワについています。

紅葉の種
カエデ科 カエデ属
a0155463_225514.jpg
a0155463_2251322.jpg

紅葉の花は、とっても小さな暗紅色の花。
それ故、なかなか見過ごしがち。
濃い緑の葉の上で、もう、真っ赤なヘリコプターが飛び立つ準備をすすめています。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-05-22 07:01 | 鴨池新町
<< 真砂町の花々1/4です 鴨池新町の花々1/2です >>