錦江湾公園の花々3/3です

今日の花は、ミドリハコベ、キランソウ、ハルジオン、紫木蓮、カラスノエンドウ、ベニカナメモチ、ツツジの7つ。
遊歩道の東の外れから、引き返してきました。
東の外れまで歩いたのは、今回はじめて。
未整備のところが、ありました。
雑木林を拓いたばかりで、自然が残っているようです。

ミドリハコベ
ナデシコ科 ハコベ属
a0155463_22173118.jpg
a0155463_22174119.jpg

ミドリハコベとコハコベをあわせてハコベと呼ぶようです。
花の形は見分けがつきませんが、コハコベは茎の色が紫がかっているので分かります。
ミドリハコベとコハコベの雌蕊の先は 3 つに分かれていますが、ウシハコベは5つに分かれています。

キランソウ(金瘡小草、金襴草)
シソ科 キランソウ属
別名が、地獄の釜の蓋(じごくのかまのふた)
a0155463_2392079.jpg
a0155463_2392950.jpg
a0155463_2393671.jpg
a0155463_2394589.jpg
a0155463_2395356.jpg

地べたを這うように伸びるので、この名が付いたとか。
花の形は、西洋十二単と同じなんですがね。

ハルジオン(春紫苑)
キク科 ムカシヨモギ属
北アメリカ原産の帰化植物
a0155463_23225960.jpg
a0155463_2323568.jpg
a0155463_23231391.jpg

別名が、春女苑 (はるじょおん)。
ヒメジョオンとハルジオンは、花がよく似ていますが、ヒメジョオンの蕾が上向きでハルジオンの蕾は下向きとか。
なかなか見分けがつきません。

紫木蓮
モクレン科 モクレン属
別名が、マグノリア、モクレンゲ(木蓮)
a0155463_23321584.jpg

花期も終わりに近づき、僅かになってきました。

カラスノエンドウ(烏野豌豆)
マメ科 ソラマメ属
別名が、ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)
北アメリカ原産
a0155463_23374547.jpg
a0155463_23375181.jpg

葉っぱは、8~16枚。
若葉と花の部分や若鞘は、天ぷらにすると美味いそうです。

ベニカナメモチ(紅要黐)
a0155463_2349894.jpg

バラ科 カナメモチ属
a0155463_23504481.jpg
a0155463_23505281.jpg

生垣によく用いられてる葉っぱの大きいのは、園芸品種のレッドロビンのようです。

ツツジ
ツツジ科 ツツジ属
a0155463_033364.jpg
a0155463_033994.jpg
a0155463_034748.jpg

錦江湾公園の麓にある駐車場のツツジ。
桜はすっかり葉桜です。
小花のツツジは花期が終わって、残っているのは大花のツツジだけになってきました。
[PR]
by hana_dan5 | 2010-04-25 00:09 | 錦江湾公園
<< 真砂本町の花々1/3です 錦江湾公園の花々2/3です >>